SNSを上手く利用しよう

>

写真を投稿できるSNSとは

きれいな写真の取り方を学ぶ

いつも、被写体を正面から撮影していた人が多いと思います。
それでは毎回同じような構図になりますし、ハッキリ言って何もおもしろくありません。
みんなが興味を持ってくれる写真を撮影するなら、角度を変えてください。
すると、変わった写真を撮影できます。
いろんな人がSNSを使用しています。
ですから正面から被写体を撮影した構図なんて見慣れているので、誰も興味を持ってくれないでしょう。

上やななめから撮ったり、近づいて撮影したりしてください。
いろんな角度で撮影することによって、最も良い角度を短時間で見極めることができます。
被写体によって良い角度が異なりますから、何枚も撮影してください。
それなら良い写真を撮影できます。

光の当たり具合を知ろう

光が当たっていないと、暗く見えます。
その状態で写真を撮っても、何が写っているのか分からない写真になります。
とりあえずSNSに投稿しても、他の人の興味を惹くことはできないでしょう。
なるべく、明るいところで撮影することを心がけてください。
ですが光を当てすぎると、今度は写真が全体的に白く見えるので失敗します。
光は、過剰に当てれば良いものではありません。

ちょうど良い光の入り具合を調べてください。
光が当たっていなかったり、当たりすぎていたりした場合は撮影する位置を変えてください。
位置を変えると光の量が変わるので、今度は上手く撮影できるかもしれません。
焦って撮影しないで、ゆっくりベストな位置を見つけてください。